保育士の一般的な給料について

バナー

保育士の一般的な給料について

公立保育園で正規社員として仕事をするときには、地方公務員としての扱いになりますので、地方公務員の給与の規定による給料が支払われます。


公務員としての各種手当てを受けることができますので、安定した環境で働くことができると言えます。

私立の保育園で仕事をするときには、条件によって様々な部分が公立保育園に勤務するときとは差が出てきます。

県や地域、保育園、勤続年数などの条件に応じて保育士の給料は異なってくるものと言えますが、一般的な初任給として考えたときには16万円から17万円ほどとなります。


この給与の金額から正規社員の場合には、保険料や年金が差し引かれることになりますので、手取りとして考えると13万円から14万円ほどの金額が相場と言えます。社会保険が完備されていない保育園に勤めることになる保育士の場合には、自分で保険や年金に加入する必要性が出てくることから、手元に残る金額は少ないことには違いありません。



手取りの初任給については、10万円ほどの保育園も存在していると言われていますので、保育士の給料事情は厳しい環境に置かれていると考えられます。

仕事内容を考えたときには給与が少ないと感じられる保育士ですが、地域によっては高い給与の設定になっているところもあります。



神奈川県では福祉関係者の仕事の給与は高く設定されていますので、基本給が20万円近くになる保育園も存在しています。
平均的な給与の金額が少ないことから、継続的に仕事を行うことは難しいと感じる面はあるかもしれませんが、昇給のシステムを採用している保育園は数多くあります。

保育士の求人に関する特集が満載です。