保育士になるときは業界全体の給料を知る

バナー

保育士になるときは業界全体の給料を知る

理想だけで仕事ができるほど社会は甘いものではありません。

子供が好きな人は、保育士になることを望む人も多いです。
そのために教育学部に進学をしたり、専門学校にいくひともおおいでしょう。


教育に必要な資格を取得して、就職活動をするときのポイントをしっかりと理解しておきましょう。



専門知識だけでなく、就職のときの知識を必要になるからです。

働き方や教育方針によって保育園を選ぶことも重要です。

しかし、保育士になるときには、給料をしっかりと吟味するのがポイントです。

いくら子供がすきでも生活ができないほど少ない給料では続けることができないからです。



就職活動をするまえに業界の情報収集をしましょう。

昇給がしやすい保育園や賞与がしっかりとでる保育園を探すといいです。
保育士は働く場所によって格差が大きくなっていきます。
公務員とおなじくらいの優遇を受けられるのが公立の保育園です。



勤続年数によって昇給があったり、賞与がしっかりとでるのが特徴です。

また、運営している会社が大きかったり、財力があるばあいも保育士の給料が高いです。

求人票をみるときには経営の会社や保育園の詳細をチェックしておきましょう。

都道府県別に平均年収を出しているサイトもあるので、確認しておくといいです。


都道府県によって保育士の育成に力をいれているか違いがあるからです。

年代別の平均年収もみておけば、勤続年数によってどのくらいの年収がもらえるか知ることができます。